PRODUCT'S Kyushu dep.

MENU
  • NEWS
  • NOTE
  • OUR PROFILE
  • TOP MESSAGE
  • OUR STRENGTH

PROMOTION 360

  • OUR SERVICE
  • PRODUCT'S PEOPLE
  • WORKS

ONLYONE SOLUTION

  • 実態あばく。商品さばく。Fラボ 福岡女の行動心理研究所
  • おいQ
  • CONTACT
  • SITE POLICY
  • PRIVACY POLICY

NOTE

デジタルで社会をどう変えることができるか。(3)世の中から待ち時間を1秒でも減少させるには

2019.08.16

こんにちは、九州支社ダイレクトマーケティング部の川﨑です。

私こう見えてもカフェ、喫茶店大好きです。
特にこの暑い季節、某カフェに入って熱いおしぼりで顔を拭く瞬間は
熱帯夜に居酒屋で一杯目の生ビールを飲むよりも幸福度が高いと感じています。

ただおしぼりで顔を拭いた後、お冷を飲んだ後
注文して、注文したものが出てくるのを待つ時間がとても退屈というか
もうすごく嫌なんですよ。なんか手持ちぶさたで、意味なくメニューを見たりとか
回りをキョロキョロ見渡したりとか・・・

あっでも待ち合わせについては
人を待たせるぐらいなら待つ方がまだいいとは思っています。

スマホ見とけばいいのでは? ただのせっかちでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
私は注文してからメニューが来るまでの待ち時間は勿論、世の中のありとあらゆる待ち時間が苦手なのです。

レジに並ぶ時間、イベントなどで行列に並ぶ時間、交通機関に並ぶ時間など
この世から待ち時間がなくなればどれだけ生産性が上がるのかと日々考えております。

話をカフェの待ち時間に戻しますが
こんなデジタル機能が欲しいなと思っています。
例えば家の近所のカフェであれば、家を出る時に専用アプリから自分の好みの
メニューを注文しておけば位置情報と移動手段から計算して
私がカフェに到着するころには厨房でメニューが出来上がっていて
お店に入ると「いらっしゃいませ!」ではなく
「お待ちしておりました!」と元気な声で店員さんに出迎えられ
着席と同時にメニューも出て来る。最高ですよね!
こんな快適な世の中も、もう直ぐそばまで来ている筈。

デジタルが生活を変える。デジタルで生活を変える。
もっと、快適で便利な世の中へ。

一覧へ戻る
CONTACT