PRODUCT'S Kyushu dep.

MENU
  • NEWS
  • NOTE
  • OUR PROFILE
  • TOP MESSAGE
  • OUR STRENGTH

PROMOTION 360

  • OUR SERVICE
  • PRODUCT'S PEOPLE
  • WORKS

ONLYONE SOLUTION

  • 実態あばく。商品さばく。Fラボ 福岡女の行動心理研究所
  • おいQ
  • CONTACT
  • SITE POLICY
  • PRIVACY POLICY

NOTE

デジタルで社会をどう変えることができるか。(5)デジタルでダイエットを成功させる方法はないのか?

2019.08.23

こんにちは、九州支社ダイレクトマーケティング部の川﨑です。

私、実は30代になりたての頃は今より体重が12kg以上もありました。
もう10年以上も前ですので生活も不規則で飲み会も多い時代でした。
そこから一念発起して運動、食事制限でなんとかダイエットに成功した次第です。

しかし、2年前にも再度体重が5kgほど増えた時がありました。
今度は若い頃の様にガムシャラに運動は出来ないので、糖質制限などで体重を少しずつ落としていきました。

私の持論ですがダイエットを成功させるコツは体重計に毎日できる限り何度も乗ることです。
2年前にダイエットした時は自宅で毎朝毎晩体重計に乗ることは勿論、出張先にまで体重計を持参してとにかく毎日自分の体重を計り、飲み会などで増えていたら朝昼は食事を抜くなど体重に応じて自分の生活リズムを変更していました。

さて本題です。私サウナに通っているのですが、同年代もしくはそれ以上の方も日々サウナに来られている方が沢山いらっしゃいます。
おそらくダイエット目的の方も多いと思います。サウナから上がっては体重計に乗り、そしてまたサウナに戻っていく・・・よく見かける光景です。

ただ本質的にはサウナで汗をかいて体重を落とすよりも、日々の食事や運動で自分の理想体重を維持することが一番大事なことではないでしょうか。

例えばですが日々生活している中で体重がリアルタイムでわかる仕組みがあったらどうでしょうか?

GPSデータと日々の食事、トイレ、運動、徒歩などのデータを組み合わせると、リアルタイムで自分の体重データがスマホのアプリなどに蓄積されていく仕組みです。

自分の体重データがリアルタイムに確認する事が出来れば、
「あっ今体重が増加傾向だから朝少し歩こう」
「食事は軽めで。。。」
「一次会で食べ過ぎたので締めのラーメンはやめておこう」
など日常生活の中で様々な対策を実現できるのではないでしょうか。
人は小さくても成功体験が積み重なる事でモチベーションが上がったり自信を持てたりすることができるので!

ソリューション名はデジタルレコーディングダイエット(DRD)などどうでしょうか。(笑)

デジタルが生活を変える。デジタルで生活を変える。
もっと、快適で便利な世の中へ。

一覧へ戻る
CONTACT