PRODUCT'S Kyushu dep.

MENU
  • NEWS
  • NOTE
  • OUR PROFILE
  • TOP MESSAGE
  • OUR STRENGTH

PROMOTION 360

  • OUR SERVICE
  • PRODUCT'S PEOPLE
  • WORKS

ONLYONE SOLUTION

  • 実態あばく。商品さばく。Fラボ 福岡女の行動心理研究所
  • おいQ
  • CONTACT
  • SITE POLICY
  • PRIVACY POLICY

NOTE

デジタルで社会をどう変えることができるか?(17) 新しい働き方がもっと定着し、OMOは加速する

2020.03.09

おはようございます。
ダイレクトマーケティング部の川﨑です。

新型コロナの件で
色々な規制が出ており
何かと外出しにくい状況ですが

逆に、この様な制限がある時に
新しい発想や習慣が生まれやすいのでは
ないでしょうか?

今、我々ビジネスマンの生活習慣に
以下の様な変化が起こっています。

時差通勤が可能になり満員電車を
避ける事が出来る。
在宅勤務により打合せや、
社内会議がオンライン化され
移動時間削減、プリントアウト不要、極力必要なものだけに絞って実施。

③会食、宴席の自粛により自由時間が生まれる。

一番大きな点は在宅勤務によりオンラインで
仕事のほとんどが完結出来ているという点です。

まさにオンラインワーク状態。

慣れない方もいるかもしれませんが
「回数」と「割切り」だと思うので
早く浸透していけばいいなと思います。

また複数箇所からのオンライン会議も
慣れてしまえば逆に快適です。

余談ですが意外とオンライン会議の方が
発言しやすかったりします。

無駄な移動時間、無駄な会議、打合せ
無駄な出力などいろいろな事がスリム化され
新たに使える時間をつくる事が出来ています。

これにより
家族で過ごす時間が増えたり
子供の送迎が出来たり

自分の趣味に時間をあてたり
仕事のスキルアップに繋げる経験が出来たり

多くの人が仕事を優先するが故に
諦めていたことに
チャレンジ出来るのではないでしょうか。

世間ではWEB会議サービスを
無料で使用できたり
人気漫画を無料で電子コミックで
読める様にするなど
オンラインの体験機会が増加しています。

さらに各家庭でも一定期間wifi無料にしてもらえたりすると
観光協会が観光地にカメラを置いて
桜を見せてくれたり
学校でもオンライン授業を実施するなどの
新たな動きが出て来るかもしれません。

また様々な人がECに触れる機会が増えることも予想され企業もいい意味で
ビジネスチャンスを逃さない様に
対応していくのではないでしょうか。

今回の件をきっかけにOMOが
さらに加速して行くと
感じられずにはいられません。

デジタルが生活を変える
デジタルで生活を変える
もっと、快適で便利な世の中へ。


一覧へ戻る
CONTACT